プロミスはパートやバイトで収入がある主婦の方にお勧め!

サービス内容がわかりやすく使いやすいと人気のプロミス。いつもは慎重に収入と支出のバランスを考えて生活している方でも、急に冠婚葬祭が入ったり、事故や怪我により出費を迫られたりと、不測の事態は生じるものです。

 

主婦の場合でも事情は同じ、ご主人の給料日前に生活費が少々不足してしまい、こんなときにカードローンで借り入れができたら楽なのに、、、と思う方も多いようです。主婦だからプロミスを利用することはできない、と勘違いしている人もいるようですが、主婦の方であってもプロミスに申込みを行うことは可能です。

 

プロミスの利用対象者の条件とは、20歳から69歳までの安定した収入がある方、となっています。主婦であっても、パートなどで自分自身の収入があれば、プロミスを利用することは可能です。

 

パートやアルバイト、派遣で自分自身の収入がある主婦の場合

パートやアルバイト、あるいは派遣や在宅ワークなどで、毎月安定した収入を得ている主婦の場合、プロミスの審査に受かる可能性も十分あります。プロミスの審査で確認されるのは、申し込まれた方の返済能力であり、主婦であるかどうかは問題になりません。

 

ただし月々の収入があまりにも低い場合や、収入が不定期で安定しているとは言えない場合には、審査ではねられてしまいます。主婦の方が審査に受かるかどうかのポイントは、継続して安定した収入があること。月々の収入金額が低すぎず、ある程度まとまっていることも必要条件です。

 

専業主婦の方がプロミスを利用できないわけ

自分自身の収入がある主婦の場合、審査に受かりさえすればプロミスを利用できるのに対して、専業主婦の場合はプロミスを利用することはできません。なぜ専業主婦の方は消費者金融のカードローンを利用できないのでしょうか。その理由は貸金業法の総量規制という決まりにあります。

 

貸金業法の総量規制により専業主婦は融資を受けられません

消費者金融の借り入れには貸金業法の総量規制が適用されます。総量規制の目的は借り過ぎを防ぐこと、収入の三分の一を超える融資を行うことは認められません。この決まりにより、収入金額がゼロである専業主婦の借り入れ限度額は、当然ながら0円となり、消費者金融のカードローンを使用することはできません。

 

専業主婦でも利用できるカードとは?

専業主婦の方の場合は、総量規制によりプロミスを利用することはできません。どうしても利用したい場合には、ご主人にカードを作ってもらい、それを利用する他ありません。自分名義のカードを持ちたい方には、銀行カードローンをお勧めします。

 

銀行カードローンは貸金業法の適用外ですので、主婦の方でも利用できるカードも存在します。ただし審査において、配偶者の同意が必要な場合もありますので、事前によく調べておいてから申し込みを行うようにしましょう。また主婦の方が利用する場合、利用限度額が低めに設定されていることもありますので、申込みを希望するカードローンの公式サイトなどでよく確認するようにしましょう。

 

まとめ

主婦の方であっても急にお金が必要になることはあるものです。どなたにでも使いやすい人気のカードローンプロミスには、レディースプランや自営者専用プランなど、顧客のニーズに合わせた多彩なプランが用意されていて便利。主婦の方にもぜひお勧めしたいカードローンですが、貸金業法の総量規制という決まりにより、自分自身の収入のない専業主婦の方には利用できない仕組みになっています。

 

プロミスの利用対象者は、安定した収入を得ている20歳から69歳までの方。主婦の方でも、パート、在宅ワーク、アルバイト、派遣などにより、毎月一定の収入を得ている場合には、審査に受かる可能性も高まります。ただし月々の収入があまりにも低い方や収入にむらがあり不定期な方は、審査で不利になることもあります。プロミスへの申込みを考えている方は、まずは安定した収入を得ることのできる仕事を探すようにしましょう。

 

消費者金融のカードローンと違い、銀行カードローンであれば総量規制の適用を受けませんので、専業主婦の方にはこちらをお勧めします。銀行カードローンも各社それぞれに細かい違いがありますので、申込み前に必ず内容を確認してから申込むようにしましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス