銀行でのキャッシング、メリット・デメリットを分析!

キャッシングとは、指定された銀行の口座を通じて、一定の限度額の分であれば自由に借入・返済ができるサービスです。クレジットカードやキャッシュカードも似たような形です。借入・返済は、キャッシング会社の窓口、専用のATM、キャッシング会社と連携しているコンビニエンスストアのATMで可能です。返済方法は、分割を選ばれる方がほどんどです。

 

キャッシングサービスは大きく分けて、3種類あります。

 

  • 銀行系
  • 消費者金融系
  • その他カード会社

 

銀行系のキャッシング

 

資本先が銀行なので、安心ですよね。キャッシング会社よりも、メリットも多くあります。

 

低金利

銀行系のキャッシングサービスは、信販系や消費者金融と比べると、金利が低く設定されています。ノンバンクと呼ばれる消費者金融の会社などは、資本がキャッシングの手数料で成り立っています。そのため、高め金利を設定する必要があります。銀行の資本は違いますので、金利を低く抑えることが出来るのです。

 

対応力と安心感

まず、銀行本体が資本なので、法律に触れるようなことがないという安全性が確立されています。そのため、正当な手段で利用出来るという安心感が、多くのユーザーが利用するきっかけになっています。初めての方には、困ったときにすぐに相談に乗ってもらえるという対応力の高さが人気のポイントです。

 

もちろん、良いことばかりではありません。「審査が厳しい」というデメリットもあります。審査を厳しくして、確実に返済の見込める人にしかキャッシングサービスを提供していません。その分、審査を通過すれば、低金利で利用が可能です。キャッシング会社を選ぶのであれば、まずは銀行へ行くのがベストです。

 

もちろん、審査が本当に厳しいので、通過できないことはよくあります。ですが、最初は駄目もとでも、銀行の審査を受けてみてください。やはり安心安全なところから利用申し込みをすることが大切です。注意してほしいのは、審査を通過したいがために、虚偽の申告などをしてしまうこともないようにしてください。虚偽が発覚すれば、信用を失って二度と利用できなくなってしまいます。

 

また、銀行での厳しい審査が面倒だからと言って、初めから簡単に申し込みの出来るキャッシング会社に借入れをしに行くのはおすすめしません。後々、困ったことになってしまったなんて、よくある話です。

 

おさらい
  • キャッシング提供会社の傾向を把握しよう!
  • 人気な銀行キャッシングにも、デメリットはある!
  • 自分にあった会社を見つける努力をする!

 

まとめ

最近は、CMなどでも銀行カードローンを目にします。ですが、消費者金融の方が優れている点ももちろんあります。どのキャッシング機関を利用するのが自分にとって良いのか、それぞれのサービスをよく調べてから利用を決めましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス